桜田ヒロキ ヴォーカルスタジオのメルマガ登録はこちら♪
E-Mail ※

2008年05月30日

コブクロ / NAMELESS WORLD

さて、こちらの桜田ヒロキのブログの読者さんから「日本人アーティストのレビューもやって!」とのメッセージをいただきました。
ありがとうございます!(^_^)v

NAMELESS WORLD
そんな声にお答えして今日はクライアントさんにおすすめしていただいたヴォーカルDUO、コブクロを簡単にですが、分析してみましょう。

まず、彼らの演奏は何度かTVで見ましたが、作詞も含めてとにかくソングライティングに長けていますね。
本当にここ数年ここまで優れたアーティストは、あまり見ないです。
詩とメロディに一貫性を感じられますし、素朴な香りがしつつもドラマティックで、この曲を聴いて涙した人も多いのではないでしょうか?(笑)


ではコブクロは2人シンガーですのでそれぞれのヴォイスタイプを見てみましょう。

小渕さん・・・リリック・テナーで声質として高音成分が多い。声という楽器の特性として小渕さんはきっと黒田さんより高音域は得意だと思います。
どちらかというと素朴で親しみやすい音色の声をしてますね。

黒田さん・・・リリック・テナーですが、比較的太い声で歌います。恐らくヴォーカルトラックが大きく声の鳴るスペースが大きいのでしょうね。
息っぽい声と力強いミックス・トーンのコントラストがとても美しいです。
ボクの好きなタイプのシンガーですね。

どちらもリリック・テナーですが小渕さんの素朴な声と、黒田さんのドラマティックな声がうまく融合して曲にバリエーションを持たせています。
お互いの得意な分野を知っていてパート分をしているんでしょうね。

曲の分析に入っていきましょう。
今回レビューする「」については黒田さんがリード・ボーカルをとっていますね。

黒田さんは声の太いタイプで高音域を比較的強いミックスで歌う傾向があるため、「母音を狭める」技術は必須になってきます。

0:16からのAメロでは8分音符の頭をすべて微妙にしゃくり上げて単調に聞こえないように工夫しているようですね。
しゃくりあげ(ノート・ベンド)は効果的なテクニックですが、これを出来ないと正しい音程に当てられないというのではまずいので、ここはあくまで特殊効果として認識してくださいね。
黒田さんも曲の他のパートに移った時には、ノート・ベンドはあまり使っていないですよね!?

3:27から始まる2コーラス目のサビは黒田さんにとっては1つめのブリッジの上下で歌っています。
ですので、全ての「あ」とつく母音に対して狭く押さえ込むテクニックを使っていますね。

「ひとは みな こころの きしべに てばなしたくない はな が ある」
これらの言葉に「あ」がつく部分をよく聴くと微妙に「あ」を「お」の方向に押さえ込んで高音域で母音の膨張を防いでいます。

4:05の「うたれても」の「た」はかなり強く出していますがこの時でさえも、きちんと母音を「あ」と「お」の中間辺りを狙って押さえ込めていますね。お見事!

ヴォーカルテクニックとはあまり関係はないのですが、4:14からのサビのリフレインでは小渕さんと黒田さんがユニゾンで歌っていますが、やはり人の声が2つ以上重なると本当に強力でインパクトのある音になりますね!

コブクロはボクのiPodの中に入っている数少ない日本人アーティストです。
桜田も、これからの彼らの作品にとっても期待しています。(^_^)v

BAND: コブクロ
Singer: 小渕健太郎、黒田俊介
Album: NAMELESS WORLD


ブログランキングに参加しています。
桜田ヒロキの執筆作業のモチベーションアップのためにぜひ1クリック投票してください♪
この記事が参考になった!と思ったらぜひよろしくお願いします。blog Ranking

レッスンの詳細は桜田ヒロキヴォーカルスタジオをご覧ください。



posted by ヒロキ at 14:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98549629

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。