桜田ヒロキ ヴォーカルスタジオのメルマガ登録はこちら♪
E-Mail ※

2008年05月28日

ミックス習得の期間って!?

image2_mic.jpg
Q: ミックスを習得するまでどのくらいの期間が必要ですか?

ミックスヴォイスにも質の良いもの、悪いものがあります。

レッスンを行い、最初に「体感」するミックスは以下のいずれかになる事が、よくあります。

1 力があまりなく弱弱しいミックス (若干、息っぽい声)
2 力はあるが若干の力みのあるミックス (若干、叫んでいるような声)


どちらのパターンになるかは、みなさんの今まで歌い方からの癖や、発声に使用する筋肉の発達、みなさんの性格や生活習慣とさまざまな要因に起因すると言われています。

まず1番のパターンでボクが行うのは声帯を閉じる力を徐々に増させていくように仕向けます。
軽すぎる声に対して徐々に強さをつけていくウエイト・トレーニングのような感覚ですね。
息っぽい声の撃退法!はこちら!


そして2番のパターンで行うのは徹底的に力みを取り払っていきます。
リップロールやロウ・ラリンクス系のエクササイズを出して、過度な筋力の使用を避け、咽頭の位置を一定にしていく事を目指します。
高音域でのリラックス方法はこちら!

このどちらのパターンにも言えるのは、
「声がひっくり返っておらず、極端にチェスト・ヴォイスを持ち上げてもいないため、クオリティは低いがミックスはしている!」
と、言う事です。

つまりはきっかけは十分に掴んでいるので、このきっかくをうまく使ってクオリティの高いミックスに仕上げていきます!

レッスンでボクが、
「今ミックスしているよー。」

と伝えると
「ミックスってこんなに弱い声なんですか?」

と首をかしげるクライアントさんもいますが、弱ければこれからパワーをつけていけば良いし、力みが強いのであれば逆に筋肉のテンションをはずしていけばよいのです。

繰り返し言いますが、きっかけという意味では「ミックス」が出来ていると言う事が重要なのです。
ボクの思う理想のミックス・ボイスは高い声を強い声でも出せるし、弱い声でも出せ、鋭い声にも出来るし、柔らかい声にも出来る。

なので、このクライアントさんのケースだと、このうちの要素の「弱いミックス」を得た事になりますね。
他の要素は徐々に追加をしていけば良いです!(^_^)v

さて、質問への回答ですが、ミックスがある程度、自由に出来、歌でも使えるようにするまで、とても早い方で3ヶ月〜1年。
遅い方で、2年近く必要になる方もいます。
(ちなみにこれは週に3回以上練習をきちんと行っている方のお話ですからね。)

ちなみにボクは・・・う〜・・・・ん。
2年以上かかっていますね・・・。(--;

何度も言っている通りボクは本当に(!)不器用なんです・・・。

と言うわけ質の高い声は時間をかけて根気強く練習をしていく事が重要なのがご理解いただけましたね!?


ブログランキングに参加しています。
桜田ヒロキの執筆作業のモチベーションアップのためにぜひ1クリック投票してください♪
この記事が参考になった!と思ったらぜひよろしくお願いします。blog Ranking

John Hennyのオンライン・ボイトレののページはこちらからどうぞ!

ボイトレ質問集を全て読む

レッスンの詳細は桜田ヒロキヴォーカルスタジオをご覧ください。



posted by ヒロキ at 14:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | ボイトレ質問コーナー
この記事へのコメント
やっぱ時間かかるんですねー
くじけずにがんばろう…
Posted by モス at 2008年05月28日 20:25
はい。まさにおっしゃるとおりです。
くじけずにがんばりましょう!
Posted by ひろき@ at 2008年05月30日 17:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。