桜田ヒロキ ヴォーカルスタジオのメルマガ登録はこちら♪
E-Mail ※

2008年03月04日

RASCAL FLATTS / ME AND MY GANG

ME AND MY GANG
今日はアメリカのカントリー・ロックバンド「RASCAL FLATTS」の「ME AND MY GANG」と言うアルバムをご紹介します。

日本では大ヒットまでとはいっていないと思いますが、彼らははこのアルバムで全米ならず世界中にその名を知らしめたと言えます。
(アルバムは全世界で1400万枚売られているそうです!)

まずはヴォーカリストのためのブログですので、シンガー・Gary LeVoxの声の魅力をお話しましょう!

彼の声(・・・と言うかスタイルですね。)はハード・ロックとカントリーのスタイルを合わせ持ち、ある曲ではアメリカの伝統的なカントリーの音色で歌い上げます。
少し鼻にかかってしわがれたようなニュアンスで、曲を朗々と語るように歌います。

そしてある時はストレートで力強い歌声を聴かせてくれます。

昔、ボクの先生と「ミスターHi-Cは誰だ!?(高音が素晴らしい男性歌手と言う意味で使っていました。)」と冗談でお話をしたものですが最近ボクが出会ったシンガーの中でミスターHi-Cを挙げるとしたら彼になると思います。

彼の高音は強力なミックスボイスです。
耳が鍛えられてい方からするとまるでチェストヴォイスのようにすら聞こえるかもしれません。

男性のみなさん!もし、ロックで使える、力強いミックスのお手本がみたいのでしたら、14曲目の「what hurts the most」の中央のファ以上の音に注目してみてください!
(桜田ヒロキのお気に入りのナンバーです!)
強い声を楽に出すとはこれの事です!(^_^)v

彼らのソングライティング能力も特筆するのに価すると思います。
哀愁を帯びたメロディや歌詞で聴く人を虜にしてしまいます。
ボクもこのアルバムを最初に聞いた時に最初から最後まで通して聞いてしまいました。。。

また、彼らの得意哀愁を帯びたメロディだけではなく、ライブセッションから生まれたのを感じさせるようなノリの良いナンバーも魅力的です!


Band: RASCAL FLATTS
Singer: Gary LeVox
Album: ME AND MY GANG





posted by ヒロキ at 17:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめ音楽
この記事へのコメント
what hurts the most・・・これは有名ですね!
確かに凄い強いミドルですね〜。
チェストと聞き間違えないだけ
僕の耳もマシって事でしょうか笑
こんな声出ませんけど・・・。

僕のお勧めミドルwはIL DIVOですね。
4人組ですが、皆それぞれ特徴的な発声で
色々なミドルを聞かせてくれます☆
Posted by RYOF at 2008年03月07日 01:53
はーい!
書き込みありがとうね!
IL DIVOはすごく上手なヴォーカルグループですよね!!
あれ?彼らってイタリアンでしたっけ?
Posted by ひろき@ at 2008年03月09日 19:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。