桜田ヒロキ ヴォーカルスタジオのメルマガ登録はこちら♪
E-Mail ※

2008年03月04日

リップロールでの発声練習方法

image2_mic.jpg


リップロールでの発声練習法についてです!

みなさんこんにちは!今日はボクの住んでいる神奈川県では雨が降っています。
たまに雨が降ると、湿度が上がって風邪の予防にはなるものの・・・まだまだ寒いので辛いものですよね。^^;

さて!今日は「最強のウォーミングアップエクササイズ」こと(笑)、リップロールの実際に使い方をやっていきましょう!

こちらを初めて読む方はまず、前回の「リップロールってなんのためにするの!?」を読んでみましょう。

これで目的が見えてくるはずです!

既に読み終わった方!始めて行きましょう!(^_^)v

ではまず、唇を下から軽く持ち上げて「ぷるぷるぷるぷる〜」と動かしてみましょう。

そして今度は声を出しながら震わせてみましょう。
動きましたか?動かない方は以下のいずれに当てはまると思います。

1 唇に力を入れて口をつぐんでしまっている。
2 息を吹きすぎている
3 唇を持ち上げる手の場所がまったく的外れ

どうですか?心あたりはありますか?
息の量を調整したり、唇の力を緩めたり少し強くするなどして研究してみましょう。

ではこれをする時の注意点です。

1 喉仏周り、つまり咽頭全体をさげるようにしましょう。

これはこのエクササイズで「喉をリラックスする感覚を身につける」ために重要です。
まずあくびをしながら声を出し、その時の喉が下がっている状態をそのままにリップロールでも使いましょう。

2 高い声になった時もあくびの状態を忘れないように!

高い声になった時に決して声を押し出そうとしないでください。むしろ「ひっくり返る」方が好ましいんです。
このリップロールをしている時にひっくり変える多くのパターンはファルセットにではなくヘッドヴォイスに行っているのです。
それにこのエクササイズはリラックスを学ぶのに貢献するエクササイズですの、仮にそれがファルセットであってもチェストヴォイスを押し上げるよりもはるかに良いです。

3 唇は出来る限りゆっくり動かしましょう。

ちょうど声を出すのと同じくらいの息の分量がちょうど良く、唇が早く動きすぎている場合は息を吹きすぎている状態ですので、なるべく唇はゆっくり振るわせるように勤めましょう。

4 低音が極端に声が息っぽくならないように気をつけましょう。

低音で極端に声が息っぽくなっている場合「低音をファルセットで歌っている状態」になっている場合が多いのです。
これではウォーミングアップとしてなかなか機能しません。


これらの事に十分に注意して、今行っているリップロールを見直してみましょう。
この注意点をクリアできた時のリップロールは全然苦しくなく、むしろ気持ちよく感じるくらいです。

そしていろいろなスケールパターンで5分を2〜3セット行えば十分でしょう。
ぜひこれをライブやレコーディング等の本番に活用してみてくださいね。
きっと「最強のウォーミングアップエクササイズ」と言う意味が体験できると思いますよ!(^_^)v

それでは今日のレッスンはこれくらいにしましょう!
みなさん。お疲れ様でした!

ボイトレ質問集を全て読む

レッスンの詳細は桜田ヒロキヴォーカルスタジオをご覧ください。

blog Ranking




posted by ヒロキ at 01:01 | Comment(3) | TrackBack(0) | ボイトレ質問コーナー
この記事へのコメント
はじめまして。いつも拝見しています。質問なんですけれども、口は必ずしも手で持ち上げて震わせないといけないのでしょうか?
Posted by カズ at 2008年03月04日 21:32
カズさん。
始めまして。
コメントありがとうございます。^^

そうですね。リップロールの時は必ずしも唇は持ち上げなくても良いと思います。
ボクもピアノで両手がふさがる時はもちろん押さえていないですしね。

ただ、ボクがレッスンを受ける立場の時は唇を持ち上げたほうが、唇がゆっくりと動いてくれるのでそうしていますね。

Posted by ひろき@ at 2008年03月05日 17:32
歌う前のウォーミングアップで何をすればいいのかわからずに悩んでいたのでリップロールをこれから使いたいと思いました。

質問なんですが、桜田さんがレコーディングやライブなどの前にしているウォーミングアップを参考にしたいので教えてくれませんか?できるだけ詳しくお願いします!!
Posted by 和田 at 2008年10月15日 13:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。