桜田ヒロキ ヴォーカルスタジオのメルマガ登録はこちら♪
E-Mail ※

2009年08月02日

WEBコンファレンスを使っての意見交換

先日、アメリカの有名ボイストレーナーBrett Manning氏とWeb上でレッスンやエクササイズに関する情報交換を行いました。

非常に興味深い内容のお話しが出来ましたが、その一部をみなさんにお話致します。

一般的に高音域での歌唱では、強い声のミックスを得るために母音を適度に狭め、顎と喉頭を適度に落とし、声帯を強めに閉じ、そこに強めの息を流す(これらの動作をレッスンではプレスダウンと呼んでいますね!)という方法をとります。

彼がボクにお話してくださったのは、
「究極的にはどんなに広い母音でもミックスは出来なくちゃいけないんだよ。」
という事でした。

いくつかそのためのエクササイズ方法や、ボクや彼の声を声の見せ合い、どのようにその声を作っていくのかをじっくりと話合いました。

具体的な方法をここに書くのは、みなさんの声をリスクを与えてしまっているので控えさせていただきますが、それはとても興味深い内容でした。

もちろん、母音をきちんと狭めた状態でプレスダウンを行うという基本が出来た上でのお話になるので、ただちにクライアント様の声にそのエクササイズを使うという事はありませんが、今後も彼と意見交換を行い、じっくり吟味を行いみなさんにレッスンという形でご提供できればと思っています。



ブログランキングに参加しています。
桜田ヒロキの執筆作業のモチベーションアップのためにぜひ1クリック投票してください♪
この記事が参考になった!と思ったらぜひよろしくお願いします。blog Ranking

桜田ヒロキ・ヴォーカルスタジオでどんなレッスンが行なわれいるか興味はありませんか?
ぜひJohn Hennyのオンラインレッスンで体験してみてください!




posted by ヒロキ at 01:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴォーカル・コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。