桜田ヒロキ ヴォーカルスタジオのメルマガ登録はこちら♪
E-Mail ※

2009年02月27日

歌と芸術について

ボイストレーニングという言葉を使うと、どうしても「訓練」「運動」を連想しがちですよね。
もちろんその要素も多く含むのは確かなのですが、その先にある
「音楽的である事。」
「歌は芸術である事。」
を忘れてしまう方も多く見受けます。

「高い声が出せればいい。」
「大きな声を出せればいい。」

これはとても悲しい事で、目的が本末転倒をしてしまっています。

「カバーをする時はオリジナルアーティストと同じキーで、同じようなハイノートを出さなくてはいけない。」
「カバーをする時はオリジナルアーティストと同じクオリティで歌わなくてはいけない。」
「カバーをする時はオリジナルアーティストと同じ強い声で歌わなくてはいけない。」

カラオケで自分が楽しむために歌う場合は、これでも良いでしょう。

しかし、ステージに立って、オーディエンスを前にした時、これは全て歌手のエゴであるように思えなりません。
そのエゴはオーディエンスに伝わってしまう事もあるでしょう。

オーディエンスはカバー曲を、あなたがどう表現するかを聞きたがっているはずです。
オリジナルアーティストがどう歌っていたかなんて、少なくともその瞬間は気にしていないはずです。

あなたの歌を歌って下さい。


発声は筋運動であり、スポーツに近い要素も存在します。

しかし、それは
「この距離を何秒で走る。」とか、
「ここまで高く跳躍が出来る。」
とは少し違うと思います。

フィギュア・スケートやバレエのように超人的な身体能力と芸術性が融合するタイプのものに近いように思います。

練習を始める時、オーディエンスの前に立つ時、
どうかエゴを捨てて自分自身と、オーディエンスと向き合ってくださいね。


・・・なんて思う帰路につく電車の中でした。(笑)



ブログランキングに参加しています。
桜田ヒロキの執筆作業のモチベーションアップのためにぜひ1クリック投票してください♪
この記事が参考になった!おもしろかった!と思ったらぜひよろしくお願いします。blog Ranking

桜田ヒロキ・ヴォーカルスタジオでどんなレッスンが行なわれいるか興味はありませんか?
ぜひJohn Hennyのオンラインレッスンで体験してみてください!



posted by ヒロキ at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴォーカル・コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。