桜田ヒロキ ヴォーカルスタジオのメルマガ登録はこちら♪
E-Mail ※

2009年02月04日

お酒による声嗄れ対策

image2_mic.jpg

今日はお酒が大好きなシンガーにとって良い記事になるんじゃないかなと思います!

桜田もお酒は大好きなのですが、歌うたいにとってはお酒は点滴になってしまう事もあるのは、
このブログを読んでくださっているみなさんはご存知の事かと思います。

詳しくはこちらを読んでみてくださいね。

さて、上の記事をざっくりと読むと色々とデメリットがありますね。

でもお酒はやっぱり飲みたいもの!
・・・と、いうアナタに。(ってかオレにか。笑)簡単にでき、喉のためになるケア方法があります。

それはお酒を飲む時に氷を入れない常温の水を用意してください。
そしてお酒を飲むたびにその水を一口ずつ飲んでみてください!

これだけでお酒による声嗄れは大幅に軽減する事が出来ます。

なぜでしょう?

声帯は気道にありますし、飲み物は食道を通りますので、お酒そのものは声帯に触れる事はありません。
しかし食道にアルコールが付着し続けているとその近辺を充血させ、それは気道にある声帯にも進行します。
充血がすすむと声帯の運動性が低下して声が嗄れ始めるのです。

それを防ぐためにも、ちょこちょことお水を飲む事で喉を洗い流しておきましょうね。

声帯の運動性が落ちると無意識的に大きな声で、声帯に強い息を当ててしゃべるようになります。
これも声嗄れ現象に拍車をかけるわけですね。

さらに!
アルコールはみなさん、アルコール検知器という装置があるのもご存知なように、呼気に混じり声帯に当たり続けます。
この呼気から来るアルコールの濃度をさげるには血中のアルコール濃度もさげる必要があります。

さらにそこで有効になってくるのはお水なんですねぇ〜。

今日のお話はボイスケアサロンの會田茂樹先生からお伺いしたお話です。

お酒好きのみなさんはぜひ実践あれ♪



喉のケア・メンテナンス!を全て読む

レッスンの詳細は桜田ヒロキヴォーカルスタジオをご覧ください。

ブログランキングに参加しています。
桜田ヒロキの執筆作業のモチベーションアップのためにぜひ1クリック投票してください♪
この記事が参考になった!と思ったらぜひよろしくお願いします。blog Ranking



posted by ヒロキ at 23:51 | Comment(3) | TrackBack(0) | 喉のお手入れ・管理
この記事へのコメント
結局のところ、ボーカリストは
とにかく水を飲めって事ですね笑
Posted by RYOF at 2009年02月07日 07:34
そのとーり!笑
Posted by ひろき@ at 2009年02月08日 22:19
過去のリンクと合わせて読ませて頂きました。何となくわかっていた事が、ここでよく理解できました。人にも説明できます。勉強になりました。
Posted by R Nagao at 2009年02月22日 13:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。