桜田ヒロキ ヴォーカルスタジオのメルマガ登録はこちら♪
E-Mail ※

2008年06月24日

生演奏を楽しもう!

image2_mic.jpg

こんにちは!今日からヴォーカル・フィロソフィ(歌手的な哲学?)としてヴォーカリストとしての心構え・やっておくべき事について書いていくコーナーを作ってみました。

最近、シンガーの中に「バンド内で1度も歌った事がない」と言う方が多くいるのに驚きます。
ボクがバンドの中で生まれて初めて歌ったのが中学生の時でした。
当時はカラオケ・ブームの直前であったため、今ほどカラオケも普及はしていませんでしたね。
(歳がバレる。笑)

ある友人に誘われてバンド練習を見に行き、そこで少し歌わせていただきました。
体に響くドラム、低音をうねるベース、鋭いカッティングギター。

未だにその時の衝撃を忘れていません。
それ以来、10年以上に渡って(現在進行形で)バンドで歌う事になりました。

最近では、カラオケがとてもとても普及し、ボイストレーニングに関する情報もそれなりには本やインターネットで手に入れる事が出来るためか、バンドをやっていると言うシンガーが減ってしまったように見えます。

バンドやユニットでは本当に多くの事が学べます!
(出来れば打ち込みではない、生演奏の形態がいいですね。)

例えば・・・

・メンバーから歌いまわしについて指摘をもらえる

ひとりよがりな歌を脱するのにとても助けになります。

・強力なイヤー・トレーニングになります!

これが最も重要で、バンドは3人なり4人なりの演奏の中にシンガーが1人の演奏者として加わります。
あなたがそのバンドの中で認めてもらうためには、まず他のメンバーに自分の声を聞かなくてはいけませんね。

みなさんも同じです。
バンドメンバー1人1人の演奏をよく聴く必要があります。
音楽を通してメンバーの存在を認める事になりますよね。

・そして、それ応えて歌わなくてはいけません。

それにより、相手の演奏を聴く能力が高まり、最終的にはその人達に対する「思いやり」に変わって行きます。
思いやりがあれば身勝手な歌や演奏はしなくなり、きっとそれは普段の生活でも人柄にきっと現れますよね!?
(ほら!ボクの人柄を見てください!笑)

・何よりも歌がもっともっと楽しいものになっていきます!

音楽はコミュニケーションだと思います。
それを最初は3〜5人内のメンバーで共有すれば歌は何倍も楽しくなります。
そしてライブを開けば数十人でも数百人でもお客さんとそれを共有できると思えばそれは・・・もう言うまでもないですよね!?


レッスンではこの「1つ1つの演奏をよく聴く」と言う能力を鍛えるため、リズム・トレーニングなどを通じて楽器の奏法やシンガーとしての聴き方もお伝えしています。
(もちろん楽器の演奏方法ではなくて、楽器の音を知るという観点で、です。)

・・・と、言うわけで身勝手な事や犯罪の多い世の中でぜひ、ボク達シンガーが「思いやり」を声を通して伝えていけたら素敵ですね。
リスナーあっての歌を望むのであれば、「自分だけよければ良い」という身勝手な歌を歌う事はNGですよね!?




・・・こんなシメでいいっすか?(笑)




桜田ヒロキ・ヴォーカルスタジオでどんなレッスンが行なわれいるか興味はありませんか?
ぜひJohn Hennyのオンラインレッスンで体験してみてください!

レッスンの詳細は桜田ヒロキヴォーカルスタジオをご覧ください。

ブログランキングに参加しています。
桜田ヒロキの執筆作業のモチベーションアップのためにぜひ1クリック投票してください♪
この記事が参考になった!と思ったらぜひよろしくお願いします。blog Ranking



posted by ヒロキ at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴォーカル・コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。